人事をコンサルティングしてもらうのはいいことかもしれません

 人事もガイブニコンサルティングしていくようなことを考えてもいいのかもしれません。というのはやはり外部から見た方が客観的なものの見方ができるというきがするからです。人事というのは非常に難しいものでデリケートなものといえるでしょう。人事一つで社員のモチベーションも大きく変わります。ですから、納得のいく人事制度をとるというためにが、人事を外部のコンサルティングにゆだねるというのも一つの方法ではないかと思うのです。

人事というか、人はやはり身内びいきというようなことがありますから、自分に近い人の評価をあげようとしがちですし、それが会社という組織になると、自分の見方を多くする競争ともいえますから、できるだけ、自分にメリットがある人事になってしまいます。そうなると会社としては全くメリットのないものとなってしまいます。公平性を欠いた人事では社員のやるきをなくさせるばかりとなってしまうでしょう。でのようなデメリットを避けることが必要といえます。

そのようなことを避けることが可能となるのが人事を外部にコンサルティングしてもらうことかもしれません。利益の関係ない第三者の客観的な評価はかなり説得力のあるものといえるでしょうから、そのような評価では不平が出る可能性は少ないといえると思われます。 わかりやすくいうならば、関係ない第三者がみてもはっきりとわかるぐらいのことをしなければ、そんなに簡単に評価はあげられないでしょうし、不平もだしくにいともいえるのではないでしょうか。

人事コンサルティングはつまるところ会社のコンサルティングに直結する

コンサルティング。非常に格好良い響きです。ウィキペディアのよると「業務または業種に関する専門知識をもって、主に企業に対して外部から客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うことである」とあります。これが、人事のコンサルティングとなると、その範囲は恐ろしく多岐に渡り、会社の意思決定に対して、多大な影響力を持つといっても過言ではありません。なぜかというと、繰り返しになりますが、人事のコンサルティングです。人事は会社の中で最も重要な仕事になります。

なぜかというと、どのような未来を描いて会社の業務を進めていく、それはすべて人によって決定するからです。営業の責任者は誰にする、管理の責任者は誰にする、それはすなわちどういう方向を向いてこの会社を動かしていくという、社内に対する意思表示でもあるのです。ですから、人事コンサルティングの仕事は非常に重要です。クライアントから、どのような会社にしたいかをよくオリエンをして、その希望にそったかたちで人事を進めていけるようにアドバイスをする必要があります。

また、それ以外にも既存の組織の中の人間関係の障害を取り除き、より仕事に集中できる、成果を出す事ができる環境を整える事も仕事の一つのようです。「企業は人である」とよく言われます。その人の部分をコンサルティングするわけですから、これほど、重要な仕事はありませんし、やりがいのある仕事はないと思います。しかし、いい仕事をするためには、クライアントの業務内容を正確に把握する力、人の個性や性格をきちんと理解する力が求められます。

いまのままではいけない、そう思ったら人事コンサルティング

経営状況が思わしくないため、事業縮小を考えたり、人材を削減したり、経費を切り詰めたりすることは、多少の困難があったとしても、行おうと思えばすぐにできます。しかし、その方法が、果たして経営状況によい効果をもたらしてくれるのでしょうか。いまのままではいけない、そう感じているのは状況判断を怠っていない証拠ですのですばらしいことです。しかしながら、経営状況が悪化してしまったのは、社員や事業展開の悪さなどではないはず。

世界的な不況が関係している場合もあれば、人材採用が間違ってしまっている場合もあるでしょう。あるいは、経営の体制に問題があるのかもしれません。経営の体制というのは、なかなか変えようと思わないものですが、いまのままではいけないことを実感しているのでしたら、早速人事コンサルティングサービスの利用を検討してみましょう。人事コンサルティングサービスでは、すでに悪化している経営体制でさえ、建て直しをサポートしてくれます。

つまり、危機感を抱いている会社を、人事コンサルティングサービスが正しい経営へと導いてくれるというわけです。たとえ、もう会社として成り立たないとあきらめてしまっていたとしても、試してみるくらいよいのではないでしょうか。一から会社を立て直す気持ちで、人事コンサルティングサービスが提供する制度を導入してみましょう。こうした取り組みは、会社のため、そして社員のためにもなりますし、事業提供する顧客のためにもなるでしょう。

人事コンサルティングサービスの使い道

会社の利益を事業でアップさせたいと考えるだけでは、会社が上昇傾向になるとはかぎりません。つまり、会社をよくしたいなら、事業内容だけを改善しても、かならずよくなるとはいえないということです。事業以外の何を重要視すればいいのかというと、やはり事業に携わることになる会社内の人間、人材である社員です。事業に取り組む社員、そして単なる社員を、それぞれさまざまな角度から判断するために、人事コンサルティングサービスが役立ちます。


人事コンサルティングサービスの使い道というのは、実際のところ、人材や社員に関するすべてにあります。社員となるスタートライン、つまりは採用から、人事コンサルティングサービスを使うことができ、人材への見切りや役員への出世、あるいは降格といったところまで、関連プロセスにおいてサービスを利用できます。また、詳細部分へのアプローチとして、調査や評価、制度づくりといったことにもサービスを利用することができます。


相談もできるため、どんな人事コンサルティングサービスを利用すればよいかという段階でも、サービスを利用することができます。いまの会社に足りないものを補いたい、あるいは問題点を追求したいという漠然とした要望でも、人事コンサルティングサービスが力になってくれることでしょう。また、いくつかの取り組みをお願いすることも可能です。一方では、社員の仕事振りの調査を、もう一方では、会社内の改革戦略を依頼するなどです。

人事はコンサルティングを受けたいもの

人事は企業経営の中で非常に難しいジャンルに入るものです。企業全体が同じ仕事、同じ職種であっても、従業員の事情、キャリアは千差万別となるので非常に難しいものです。仕事ばかりではなく、家庭環境まで影響するので、なかなか素人では難しいものです。これに加えて、法定福利や年金などからむと、相当高度な専門的知識が必要となるので、一般的にコンサルティングを導入することは、さほど珍しい話ではなく、多くの企業が導入しています。


特に人事面においては、退職金制度や年金制度の設計は非常に難しいものです。この面は、企業の財務をも左右してしまうので、少々コストをかけてコンサルティングを導入しても、結構元はとれるものです。ここの部分で、組合ともめて時間を要してしまうよりは、専門家の意見を参考にして、早く納得が出来る制度を作り上げてしまうほうが、ずっと楽なものです。また、雇用年限が伸びる中、個々の部分の制度設計もナーバスに行う必要も出てきています。


また、企業同士が合併すると、人事面の調整は非常に大変になります。この場合もコンサルティングを導入すれば結構速く進めることができるものです。人事体系が違う会社が合併すれば、原則雇用条件が有利なほうへとあわせていかなければ、労働争議の元となってしまいますが、安易にそれを進めてしまうと、企業のコストアップにつながるなど悩ましい問題が山積みとなってしまいます。また、第3者的な視点問題を解決することも重要となります。

人材コンサルティングとは、企業の中の社員を有効に活用できるよう人事や組織制度をなどを提案するサービスです。

企業が現在の経済情勢の変化に対応するためには、適切な組織、人事制度が重要です。企業は社員で成り立っています。企業の成長、成功するためには、この社員の成長や有効な活用が欠かせません。人事制度は直接社員の意欲向上や、仕事への満足度につながる大事な制度ですが、複雑で内部からでは分からない問題点や改善点があるものです。人事コンサルティングを行う会社では、その企業のニーズに合わせた組織、人事制度を設計し、提案するサービスを行っています。


人事コンサルティングの方法は、その会社によって異なっています。社員全員にアンケートなど行い、まず現場を把握し現状を明らかにし、分析結果を報告します。その分析結果を元に経営者と経営課題について話し合い、その企業に合った人事配置や制度、組織編成などの提案を行うものや、Webシステムを利用し、必要なデータを入力するだけで簡単に作成してくれる会社など手法はさまざまです。どのような人事コンサルティングを利用するのかは、その企業や経営者が求めているものによって違ってきます。


ネット上には人事コンサルティングを行っている会社のホームページがあります。ホームページを読むと、その会社がどういったことを得意としているのか、何に主眼をおいて人事制度等の提案を行っているのかを見ることができます。人事コンサルティングを外部の会社に依頼することは、会社内の社員や経営内容といった大事な情報を開示して行なうことです。資料請求をしたり、ホームページ等の比較、検討して、自社に合った信頼できる会社を選ぶことが大事です。

社内でやりにくい経営改革は、人事コンサルティングサービスで執行

社内の問題点がわかっているのにそれを改善できずにいる、あるいは、ここをもっと改革的に改善できればかならずよくなるはずだと思っているのに実行に移せないでいるという状況には、人事コンサルティングサービスを味方につけましょう。会社内を改革するには、会社内の理解が必要になると思われるかもしれませんが、理解を待っていると、役員クラスに理解を得られないままの状態が続いてしまうかもしれません。ここは、行動を起こすのが先決です。


人事コンサルティングサービスは、基本的に社内の社員に関して、例外をもちません。つまり、賃金制度などにおいては、役員クラスも調査・判断対象になります。また、年齢によって出世するという制度も、人事コンサルティングによる制度づくりで、改善することができます。単に制度を導入するのではなく、裏づけあっての制度改革になりますので、その道のプロである人事コンサルティングサービスを利用すれば、外部介入として改革もしやすいでしょう。


人事コンサルティングサービスが社内でなかなか行えない改革を担うのは、客観的に会社を見抜くことができるという理由もあります。内部にいるものではわからなかったことや問題点も、浮き彫りにできるでしょう。改革をスムーズかつ、内部の力に左右されずに行いたいというときには、会社内で無理に改革を進めようとせずに、人事コンサルタントサービスという、会社以外の専門機関に依頼することで、簡単に執り行うことが可能になります。

人件費のムダを見直す人事コンサルティング

人件費のムダを見直すのが人事コンサルティングの仕事ですが、人件費を切り詰めすぎると人が辞めてゆきます。従業員の定着を考え、納得できる金額にすることが大切でしょう。一人の人がその会社に入社して、仕事や人間関係に慣れ、会社の利益に貢献できるように成長するまでには、それなりの月日がかかります。会社を辞められると、また一から人を育てなければなりません。それは、時間と経費のムダというものでしょう。長く勤めてもらうことが大切です。


人事コンサルティングは、売り上げが良く、対人関係が円満な会社には必要ありません。伸び悩んでいる会社に必要なものです。利益が上がらない要因は何か、どうすれば売り上げが上がるのか、その会社の業績が伸び悩んでいる原因を取り除き、従業員が満足して働けるような会社にするのが目的です。従業員のやる気を上げる方法の一つに「成果主義」を取り入れることがありますが、この方法は積極的な社員には効果があるものの、従業員にプレッシャーがかかるマイナス面もあります。


人事コンサルティングの内容もさまざまで、従業員の評価の見直しや、組織事態の変更、時代に合った人事スタイルへの移行など、その企業が考える問題点により、改善するポイントは異なります。過去に手がけてきた事例が、それぞれの問題点に合った人事コンサルタントを選ぶようにした方がよいでしょう。昨今、この手のコンサルティング業を名のる会社が増えています。知名度の高い、実績のある、親切丁寧に相談にのってくれるところを選びましょう。